豆腐料理

 

さいの目に切った豆腐を使った料理。そんな機会結構多くないでしょうか?味噌汁、鍋、麻婆豆腐、湯豆腐、すき焼き・・・離乳食の時にも豆腐を小さく切ったりしますね。手のひらに豆腐を乗せて、包丁を入れればいいだけですが、端の一列がポロッと落ちてしまう経験ありませんか?もし、豆腐のさいの目切りが苦手なようでしたら便利なグッズがあります。

 

とうふ専用マナ板/トッププロダクツ

とうふ専用マナ板1

まちかど情報室でも紹介されていました。

このマナ板を使うと好みの大きさで豆腐のさいの目切りができるという便利グッズです。自分1人で食べるだけなら形にはこだわりませんが、他の人に振る舞うとなると、あまりにもいびつな形では出したくないですよね。あと、小さくカットしようとすると、角の1個がポロンと落ちてしまったり。とうふ専用マナ板だと、そんな失敗は起きません。

 

とうふ専用マナ板の使い方

とうふ専用マナ板2

専用マナ板に豆腐をのせます。包丁で縦にカットしたら、90度板を傾けます。同じく包丁でカットしたら、最後はスリットに合わせて包丁を入れるだけ。手を切る心配はもちろんありません。

 

カットした後は、そのまま鍋に向かって豆腐をゆっくりと滑らせるだけ。お湯がはねることも少ないですし、手にも安心です。

とうふ専用マナ板4

 

特に小さくカットしたい時に便利♪

子どもの離乳食を作る時は小さくカットしたいですよね。そんな時にノーストレスで豆腐をカットできるのでとても重宝します。また、子どもに料理を手伝ってもらう時も、簡単な使い方だけ教えてあげたら、綺麗にさいの目にカットしてくれるでしょう。いつかはちゃんと手のひらでカットする方法も教えてあげて下さいね。

大きくカットする時は、手のひらでも簡単にできるので、使う機会はあまりないと思いますが、豆腐を小さくカットしたい料理の時はめちゃくちゃ活躍してくれます。

楽天やアマゾン、ハンズでも販売しているので、気になる方はチェックしてみて下さいね!

商品名:とうふ専用マナ板

 

MANOA