皆さん、こんにちは!
MANOAです。

今日は災害時や非常時用にバッグに入れておきたい防寒シートを紹介しますね。

7c88018c82fb34b9e7bd36e66122c9f2_s

 

2016年は日本だけではなく、世界各地で異常気象が発生しました。地球温暖化による影響はまだまだ大きくなるかもしれません。あってほしくはないですが、災害対策グッズを準備しておかないといけないですね。

そこで今回は防寒シートです。被災された方々の声では、毛布を使っていても寒いそうです。しっかりと温まるものを1つ用意しておけば、寒い夜にも心強いですよね。

 

ヒートシートサバイバルブランケット1

ヒートシートサバイバルブランケット/SOL

若干表情が怖いパッケージですが、なかなか優れものの防寒シートです。

この防寒シートは保温性が高いので、体温を逃がしにくい作りになっています。1分でおよそ30℃、5分で34℃になるそうです。

1度開いても折りたためばまた外袋にしまえるように改良されていますし、大きさも手のひらより少し大きいぐらい。重さは多少ありますが、防災グッズの1つとして用意しておくといいのではないでしょうか。

ヒートシートサバイバルブランケット2

保温の為にアルミシートを使っていますが、一般的な防寒シートはこのアルミのガサガサ音が気になり、動くのを躊躇ってしまいます。寝る時は自分のみならず、周囲にも気を使ってしまいます。

それが、SOLのヒートシートサバイバルブランケットはガサガサ音が気にならないのです。神経質になりやすい時なので、こういった静音性は助かりますね。

サイズ:約142×213cm
重量:約70g

 

災害が発生してしまった時は、電気・ガス・水道が思うように使えなくなることも十分考えられます。防寒対策は見落としがちになるので、注意しておきましょう。

この商品には2人用もあります。私は1人1つずつにするかな。シートに余裕を持たせたい方は、1人でも2人用を使うみたいです。

楽天やアマゾンなどの通販で購入可能です。商品価格は税抜900円未満で買いたいところです。

 

MANOA