ジョンソン流せるトイレブラシ

なかなか磨きにくい便器のフチ裏。
大きなブラシでこすっても、奥までしっかり磨けないし、酷い時は水がピチャッと飛んできたり。

「便器を隅々までキレイにしたいのに、いいトイレブラシが見つからない」そんな悩みをお持ちの方に、前の記事では「マーナ トイレブラシ2in1」をご紹介しました。

>>前の記事

トイレブラシついでに、ジョンソンから発売されている使い捨てトイレブラシ「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」についても書いておこうと思います。

これは私がドラッグストアで勤めていた時代に使っていたこともあり、バイヤー時代もかなり売り上げに貢献してくれた商品です。

そんなお世話になった「流せるトイレブラシ」ですが、私自身が使って感じたメリットとデメリットを紹介します。

スクラビングバブル 流せるトイレブラシとは?

発売されたのがいつだったか記憶に全くないですが、1回ブランドネームを変更したと思います。発売当初はスクラビングバブルブランドではありませんでした。たぶん。

この商品を初めて見た時は、「ぉおおお!」と思いました。トイレブラシは普通繰り返し使うものですが、流せるトイレブラシは、柄の部分だけ使いまわして、便器を掃除する先端はその都度捨ててしまうんです。つまり使い捨てのトイレブラシです。

こんな感じ

ジョンソン流せるトイレブラシ1

私がドラッグストアを辞めた時(2016年5月)でも、替えブラシがかなり売れていたので、かなり息の長い商品といえます。

 

先端のブラシには中性洗剤が付いているのも便利な点で、トイレ洗剤を使わなくてもブラシ自体に洗浄効果と防汚効果があります。ただ、しつこい汚れは落としにくいので洗剤と併用する場合もあります。

ジョンソン流せるトイレブラシ2

試しに使っていた時は、洗剤が付いているなんて知らずに、トイレ洗浄剤も一緒に使っていましたが(笑)商品特徴をきちんと把握せずに商品を使うバイヤー、恐ろしいですね(^-^;

 

スクラビングバブル流せるトイレブラシの優れているのは、便器のフチ裏にも届いて洗えるところ。

ジョンソン流せるトイレブラシ3

フチ裏はかなり汚れが付着しやすい場所なので、汚れが溜まりきる前に掃除するようにしましょう。

使い方

スクラビングバブル流せるトイレブラシの使い方ですが、ここで細々説明するよりも公式サイトの図解を見るのが最も解りやすいので引用します。


画像:http://www.scrubbingbubbles.jp/products/brush

便器を磨いたブラシを触ることなく使い捨てすることができます。また、ブラシを使い捨てることでブラシ内で菌が繁殖することを防ぐことができます。

メリットとデメリット

ここまでスクラビングバブル流せるトイレブラシの特徴を紹介してきましたが、メリットとデメリットを挙げてみます。あくまで私の感想です。

メリット

  • ブラシ内の菌の繁殖を防げる
  • ブラシケースが汚れることがない
  • 普段の汚れなら洗剤不要
  • フチ裏まで洗える

スクラビングバブル流せるトイレブラシの最大のポイントは、使い捨てができることによる「清潔さ」です。

一般的なブラシの場合、ブラシ自体はトイレの水洗で流す程度でキレイに洗う機会はありません。そのため、便器はキレイになってもブラシが汚いということがあり得ます。

スクラビングバブル流せるトイレブラシは、その都度ブラシを捨ててしまうのでいつも清潔に保つことができます。

デメリット

  • フチ裏を洗う時に本体(柄の部分)が便器をこする時がある
  • ブラシ面が小さく通常のブラシより時間がかかる
  • 替えブラシの費用がかかる(1個20円~30円)
  • つまる可能性がある

私が感じたのは、一般的なブラシに慣れているせいか「洗い落としている感が弱い」と感じました。

でも、そんなことよりもっと大きなデメリットがあります。それが、

つまる可能性がある

という点。

トイレに流せるタイプの商品は、水に溶けて無くなるのではなく、無数に絡まっている繊維がほつれていくだけと聞いたことがあります。無になるわけではないんです。

なので、排水管に汚れが付いている場合や、水の量が少ないトイレだと排水管につまる可能性があります。実際に水回り関係の業者さんは、トイレに流せるタイプの商品を推奨しません。つまってくれた方が儲かるんですけどね。

この商品ではないですが、店長時代に働いていた店で使っていたトイレシートが原因で大変な目に遭ったことがあります。※花王さんや大王製紙さんの商品ではありません。

毎日の店舗のトイレ清掃で安い流せるトイレシートを使っていたのですが、急につまり出したのです。ボッコンボッコンと便器の水が逆流してくるその様子は恐怖でした。

溢れたら悲劇だ!

そう思いながら見つめるしかありませんでした。

ドラッグストアなので、いろいろな洗浄剤を使いましたが、つまりは解消しません。そしてある日、トイレの外で汚水が溢れ出しました。

結局はトイレからの排水管がとんでもない作りになっていて、もともと水流が悪いところに、ちゃんとほつれないトイレクリーナーを流したためにつまってしまったのです。

スクラビングバブル流せるトイレブラシの場合、1回もつまることなく快適に使用できている人もいますし、つまってしまった人もいます。
※つまりが心配な場合、トイレに流さず燃えるゴミとして廃棄することもできます。

排水管の作りや水を流した時の水量でもつまりやすくなりますし、トイレットペーパーを普段から多く使っている人はもともとつまりかけているかもしれません。

このデメリットさえ完全に解消されれば、スクラビングバブル流せるトイレブラシはかなり優れた商品だと思います。

>>スクラビングバブル 流せるトイレブラシ 本体+付替4コ入
 

いま女性に人気のページはこちら

これは必需品!アユーラの美容液リズムコンセントレートのモチモチ感がやば過ぎる!口コミ評価まとめ